Page: 1/2   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
早朝登山
2008年3月8日(土曜日)晴れ

仕事に追われる中の事後報告です。
久々に霜にしばれる二上山をお山しました。

午前6時〜午前8時半。
加守(二上神社口)〜雄岳〜畑(春日神社)〜専修寺


katuragizan
JUGEMテーマ:日記・一般


雄岳途中からのビュースポットです。
金剛・葛城山への眺めは最高!


mimi
最近、運動不足気味で肥満傾向と
“ブタmimi”と揶揄されますが、
意外と足腰はシッカリしてます。

運動不足は師匠&筆者かも知れませんのです。
当日は師匠は体調不調のようで葛城登山は
鍛え直してからの挑戦のようです。



続きを読む >>
| mimi_chan | 20:38 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
厳寒の二上山
2007年1月27日(sun)晴れのち曇り

市役所AM6:55→二上神社口→雄岳→水車小屋(ふるさと公園)→市役所AM9:30
kamorijinjya
同行者:中師匠、mimi、筆者
気温:氷点下3度。(想像)

厳寒の久々のハイク&お山です。
二上神社口より神社左の登山道を行きます。
相も変わらず、N師様は元気です。

tozandou筆者を見捨てて只管、登山するN師とmimi

昨夜の老舗仏料理(日頃の)不摂生の賜物でしょうか?

心と気持ちは確実にお師匠様についてゆくのですが
足が膝が・・・あきません。
途中の第2休憩所にて木製代行足に遭遇!
代行の足を追加して3本足にて登山す。

yukidaruma

残雪の残る頂上にて雪だるまを発見しました。

達磨 mimi他人作の達磨様と勝手に記念撮影をする。

最近、肉付きの良くなったmimiを心配しましたが、
年齢・足・膝・荷物・リュックの所為にする私の方が問題です。
確実に体力が落ちてきています。実感します。

続きを読む >>
| mimi_chan | 13:13 | comments(6) | - | pookmark |
初登山(二上山)
2008年1月13日(日曜日)曇りのち晴れ(AM5:30〜AM8:00)

山頂神社雄岳山頂の葛木二上神社で初お参りをするmimi。(今年も元気で楽しく暮らせますように〜)


久々の天気に恵まれまして、早朝5時半より今年度最初の二上山登山に出かけました。
真っ暗井中(装備品:ヘッドランプ)、當麻山口神社よりの龍谷コース(祐泉寺〜馬背)経由二上山雄岳山頂神社。ランプ頼りで足元を照らしての早朝登山のため、山口神社から馬背まで行き交う人は全くなし。

登り階段雄岳への木製階段は前日からの雨とコケの所為でヌルヌルになって非常に危険が危ない!
暗くて滑るので慎重に上を伺うmimiの目前に・・人影が!! 鉢巻姿の変なオッちゃんでした。びっくりしますなぁ〜向こうもそう思ってるかも??

mimi夏以降の食べ過ぎ・運動不足・寝転び過ぎが如何に災いするか?心配でしたが、案ずるより産むが安し!元気なものです。
山頂で一年のお願いをした後のご褒美を・・・・。
続きを読む >>
| mimi_chan | 12:04 | comments(4) | - | pookmark |
お山再開す
2007年9月16日(日曜日) 曇り後晴れ

nijyouzan
待ちに待ったお山の再開の日です。
わが二上山・・毎日我が家から眺めておりまする。
今年の夏は特別に暑過ぎました。
体力があるか、体がもつかどうか?びみょう〜

 mimi

日中は暑くなるので涼しい暗い内のお山です。

當麻山口神社AM5:00⇒裕泉寺(龍谷コース)
⇒馬背⇒雌岳⇒岩屋⇒裕泉寺⇒當麻山口神社AM7:30

裕泉寺分岐にてmimiが急に立ち止まり、何かを見つめてます。
・・・裕泉寺の番ニャンコです。mimiはどうも初めてみる物体のようです。
この裕泉寺分れ道は、先の大雨で道が大きく陥没し、岩屋行きは通行要注意!
当然龍谷コースから馬背に向かうコースを取るがこちらも登山道は痛んでます。
大雨で木の根っ子が剥き出し、土が流され岩や石がゴロゴロ。

umanose

第一水飲み場にてチョッと休憩をとり馬背に向かうが、
mimiも私も今年4月までの調子とは大違い!
やっとのことでシ〜ンとした馬背に到着しました。
私の体力の喪失は異常な汗の量でわかります。
keiji

本年11月10日は  山の日なんや!
続きを読む >>
| mimi_chan | 16:16 | comments(4) | - | pookmark |
新緑の二上山
2007年4月28日(SAT) 晴れのち曇り所により雨

7時25分簗弔蟠舛!
おやまの師匠から電話がおました。
“やまとくれば二上山!”“ハイ、わかりました”

連休初日新緑眩い、二上山挑戦。
工程は次の通り
7:40市役所前駐車場〜8:05加守神社横登山口〜9:05雄岳山頂
9:35からす岳〜10:00上ノ池登山口〜10:15春日神社〜10:40市役所

sigi_ikomayama

雄岳頂上より上ノ池に向かう下山途中の絶景ポイント。
手前水道山、明神山、霞む信貴・生駒連山を望む。


kamori jinjya
加守(蟹守)神社横は晴嵐のため桜吹雪!
特製花弁絨毯の登山道にはいる。
mimiはこの時点で夏ばて状態で要注意。


mimi1

4月末ともなれば防寒具の毛皮が邪魔になります。
何時もより水飲み休憩を小まめに取りますが、
自ら態と道草をして時間稼ぎならぬ暑さ凌ぎを


atosukoshi8合目の消ちゃんの笑顔
あと少し!頑張ろう!!


nijyou jinjya
山頂、八重桜落花途中の葛城・二上神社にてながぁ〜い休憩。


mimi0
この雄(注♀)姿も今日が最後の二上山になりますね!
(暑さのため次回登山は9月末までは来れません)






続きを読む >>
| mimi_chan | 22:51 | comments(4) | - | pookmark |
二上山
2007年4月7日 曇り後雨

二上山
mimiにとって久々のお山である。
待ちきれずに5時半出発 
6時より山口神社より登山開始、8時無事下山する。

當麻山口神社〜裕泉寺〜馬背〜雄岳〜
馬背〜雌岳〜岩屋〜裕泉寺〜當麻山口神社
日の出

mimi1

日の出を見ながら馬背〜雄岳に登頂
久々の登山は体力の衰えを実感します。

mimi2

体力維持にはワンコもこれですね、
mimiの水には目もくれず、只管 ご褒美だけを
懇願いたします。



続きを読む >>
| mimi_chan | 23:17 | comments(4) | - | pookmark |
一末の二上山
2007年1月28日 日曜日『曇り』

コース:太子町登山口〜石切り場〜馬背〜雄岳〜馬背〜雌岳〜太子町登山口
(午前6時出発〜午前9時帰宅 内休憩5分X3回含む)
雌岳
 ↑ 雄岳の登山中、雌岳を望む

昨夜からの雨(山頂は雪)で急遽、
登り易い大阪太子町側へとむかう。
外は未だ暗いので空模様は全く判らず、
このまま雨が降らなければ良いのだが・・・

 忘れ物:防寒具&mimiの合羽&足拭きタオル

みみ

久々の石切り場経由にて馬背にむかう。
石切り場:高松塚古墳、マルコ山古墳の石棺等に切り出された。
石質:凝灰岩

雄岳への階段は何故か濡れている。

続きを読む >>
| mimi_chan | 17:41 | comments(4) | - | pookmark |
初日の出
2007年 元旦登山(快晴)

先ずは、
皆様に於かれましては
穏やかで健やかな新年をお迎えの事と
お察し申し上げます。

旧年中はミミ共々大変お世話に成りました。
私用ブログにて早速御礼申し上げます。

hinode
昨今の天気予報ほどアテニならぬことはおまへん!
そんでもってザックにはワンコ用の雨具までと重装備をし
体力増強にと励みました。
お陰さまで手足が痺れ凍え込む登山となりましたが、
まあ見事にハズレましてオメデトウさんだす。

そしてそしてこのように耀かしい御日様
拝むことができました。
此れも日頃、私共の精進の賜物と一方的に理解しておきます。

そして皆様に置かれましても今年がより良い年であります事を
確信しつつお祈り申しておきました。

mimi

それにしても日の出を待つ数分間がmimiにはご苦労なことで
『ワン、ワン』と、“はよぉ〜帰ろう”とウルサイのじゃ!


santyou
雄岳山頂では神々しい御日様にあやかろうとする人達で
ごったがえして?おりました。
それにしても年初のorangeを浴びる事は
特別に元気がでますなぁ〜

続きを読む >>
| mimi_chan | 08:45 | comments(6) | - | pookmark |
登り納め!
2006年12月30日 晴れ

nijyouzan
(8時01分 二上山ふるさと公園より二上山 雄岳・雌岳を望む)

午前6時00分 市役所前を出発
暗い中、二上神社口へと向かう。

同行者は大師匠様とmimi様。
二上神社口登山道からは暗いけど
自由の証 首輪を解き放つ。

金200円也の入山料(整備料)収入からか
登山道は整備されている。

shimobashira

途中休憩3回以上で雄岳へと辿り着く。
頂上は風もあって流石に寒い。
初日の出(午前7時)を頂上で眺め暫し休憩。
nozokikomu

木の切り株の穴に小動物用の餌を入れる
おじさまに偶然遭遇し覗き込み食事をせがむ。
(糠を煎ったものだろうか?イヤシイmimi)


wakimichi
日の出を見納め馬背へと下る途中で
第2下山道へと向かう。

続きを読む >>
| mimi_chan | 11:26 | comments(6) | - | pookmark |
二上山(晩秋)
mimi00


11月18日(土曜日)晴れ
週末にこのようなカオを見れば、
もちろんお山情報です。
(事後ですが・・)
asahi
祐泉寺から龍谷コースを
登ると
神々しいお日様が
木々越しに昇って来ました。

yamanobori
勝手知ったる何時ものお山。

まだ朝早いので登る人は皆無!




続きを読む >>
| mimi_chan | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode