Page: 1/4   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
 終着駅は始発駅!
 2010年6月5日 晴れ


恒例の日本海カニ旅行、不純な動機で2回目の西国33ヶ所巡礼をすることに、
天橋立・成相寺が始まりで、軸の朱印満願までanaoji残る穴太寺と善峯寺の2ヶ寺となりました。


近場なので超早朝でなく午前7時過ぎに出発し西国二十一番札所穴太寺に向かいました。
国道9号を老ノ坂峠経由で亀岡に向かう。
亀岡は、嵐山へ向かうトロッコ列車や
保津川下りの始発点でもあります。

京都縦貫道の亀岡ICの傍から細い田舎道を
左手にゆくとと穴太寺大駐車場が、
(金500円也)




anaoji_hondou清楚な境内を探索する。

よく手入れされた庭園でじっくりと休憩したかったが、当日午後からの予定のため穴太寺を後にする。


京都方面へ戻り、前述の峠を下り沓掛を右折、長岡京方面へ向かうと竹林が一面に広がる。
京都・西山地域(乙訓おとくに:向日市・長岡京市・大山崎町)第二十番善峯寺に向かう。
この辺りは、山城筍の一大産地で参道手前には、筍料理屋さんが点在している。
今の時期は、最後の筍“淡竹(ハチク)”の季節である。

今年も早春より孟宗竹の竹の子を食べ過ぎ、この季節は消化不良でもう食べたくないので素通りする。
筍の本場で食べたこと無いのに、こう決め付けることは、よくないのであるが・・・


善峯 山門西山の中腹に善峯寺があります。
この善峯への登山道をゆくと、左手に駐車場があった。ここに停めて登山しようとしたら、車が次々と登ってゆくので疲労を避け車で登ることにした。

有料駐車場(500円)から重厚な善峯寺の山門を潜り入山料(500円/人)を支払う。

観音堂でお参りをし、供養の線香と蠟燭をあげ、軸に朱印を戴き結願となる。






善峯 遊龍松
境内の回廊式庭園の目玉 天然記念物“遊龍松” 樹齢600年余りの五葉の松。



善峯 桜と紅葉

枝垂れ桜と紅葉が見事に共生しています。
”春ははな 秋にはもみじのむすび木 この世のしやわせ めでたかりけり”



奥の院広大な庭園から山道を登ってゆくと奥の院へと続きます。この石の階段の先には開運出世の薬師堂(奥の院)があります。

出世・開運と言う言葉に引かれまして薬師堂にお参りにゆきました。

此処西山からは京都を一望できますが、
見晴らしは・・・・・。。

念入りのお参りの後、下山する。




この10年余りに我が家のワンコもgon(柴)、billy(ダックス)、mimi(シュナ)へと変わり、
西国33ヶ所参りも10年かかって、無事満願の運びとなりました。


        『終着駅は始発駅!』

 新たな希望を掲げ また一つずつ ゆっくり歩み始めます。









 


| mimi_chan | 21:21 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
まもなく終着駅ですわ
1imagumano2010年5月30日 晴れ

西国33ヶ所参り 懸案の京都市内5ヶ寺、mimの供養を兼ねお参りに行く。
京都市内なのでお抱え運転手付にて行く事に

京都駅にて市バスフリーパス券(500円)を購入する。
京都駅→泉湧寺前

山門を潜ると左手に今熊野観音寺の参道があります。此処はワンコ禁止のお寺です。



2kiyomizu泉湧寺前→五条坂
流石に名所とあって外国人観光客が目立つ。
ヒトゴミが凄い。

『核10%削減』の署名活動をあっちこっちで
やっている。
趣旨を説明しないまま、署名はお断り!

掛け軸を乾かしていたら、台湾人の観光客に囲まれた。
70歳位のオッチヤンが掛け軸の観音様を見て
『観音様・・・○▽◆』と片言の日本語で声を掛けてきた。
日台親善のため『プレゼント フォー ユー』と言って凡字の入ったお札を2枚進呈する。

3rokuharamitujikiyomizuから徒歩で六波羅蜜寺にゆく。

ここからrokkakudou・koudouまで歩くのがお勧め!と聞き歩くことにした。

お昼前だったのでお寺の人に適当な食事場所を教えてもらった・・・
赤レンガの洋食屋さんに行くが、敢え無く
予約優先のため断念!



4kamogawa
       松原橋から鴨川 納涼床を望む。

こんなお昼から納涼床で宴会をしておられるお人さんがおられます。うらやましぃ!
それなりのりょふりとおさけときれいどころがあれば、きんすは払い放題じゃ!!

河原町通りを北上したら、左手におっきい高島屋と右手にちっこい阪急が見えた。
ちっちゃい方の今年の8月にて閉店の阪急にて食事をする。
「ヒツマム(bu)シ」と「beer」を戴く、やっぱりよく流行って居る筈。。。満足


5rokkakudou河原町通りを北上するが、
六角通りを右折れしたのが間違いでした。
ウロウロしながら間違いに気づく。

都会のお寺は、探すのに一苦労

お店の暖簾に『六角堂西へ400m』と書いて
あるが、方角が解らんようになりクルクル廻って辿り着く。



6koudou寺町通りをクルクル廻って19番札所行願寺につく
ここも入り口がややこしい

お参りし、供養の蠟燭と線香を供える。

道を間違えたのもあり、
帰りは歩くのを止め、バス停を探すことに





“5月は公私とも色々と心の臓に良いこと、悪いことのぎょうれつでした。
何時までも引き摺るつもりはないけれど、何事も気持ちの切り替えも必要ですネ”

疲れ果て、帰りは大枚を叩いて特急で帰ることことにした。今日もビールが旨い!

結願(満願)まであと2ヶ寺(穴太寺・善峯寺)となる。

 
| mimi_chan | 04:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
西国33ヶ所 (兵庫編2)
 2010年1月10日 晴れ

西国33ヶ所参詣 花山院・一乗寺・清水寺(播州)

AM10:30花山院〜PM0:39一乗寺〜PM2:20清水寺
早朝7時半に出たものの、中国道渋滞のため到着が遅れた。
これも政権交代の影響なのか?
途中でお弁当を買い、花山院駐車場に到着する。


kazan1
経費維持と経費節約の為、mimiと登山道を登る。
寒さの中、この参道(登山道)を歩く人は少数である。


kazan2kazan3
静まり返った貸切状態の境内を、mimiを連れて散歩する。

kazan4

 花山院からの眺望! 正面左:有馬富士(373m)


続きを読む >>
| mimi_chan | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
華厳寺参詣
谷汲山 華厳寺詣で

2009年4月25日(sat) 
AM6:00名阪香芝IC〜近畿道〜名神・岐阜羽島IC〜AM9:20華厳寺
〜道の駅“星のふる里ふじはし”〜渓流魚料理〜大垣IC〜PM3:50香芝IC着

1 tanigumisan
 ↑華厳寺 仁王門

朝から生憎の大雨でしたが、連休前に念願の岐阜谷汲山にお参りに行く。
関が原からは、豪雨で羽島ICから谷汲さんに向かう。
大方の人は満願・結願で谷汲さんにお参りするのだが・・。
残り半分はいつになることやら

0 mimi
大雨なのでmimiは渋々車で留守番。

2 kaidan
仁王門から本堂までは、長い階段が続くが
この大雨でお参りの人は疎ら(3組)である。

3 tyoutin
『讃岐提灯』
特産名産の岐阜提灯ならぬ、これは讃岐提灯とのことである。

4 koi
『精進落としの鯉』
本堂両側にある鯉、これを撫でて自らの精進落しいたします。

5 sandou
仁王門からの門前町を眺める。

約1kmの桜並木は、先週まで大変賑わったようであろう。
全く人通りが途絶えた新緑の参道もええもんや

続きを読む >>
| mimi_chan | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
書写山参詣 
2009年2月28日(sat) 晴れ

enkei
書写山(標高300m) 仁王門手前からの絶景

午後から懸案の書写山(西の比叡山)“西国33ヶ所参り”に出かけました。
西名阪〜近畿道〜中国道〜山陽道 姫路西IC----書写山----姫路城 素通り
---姫路東〜〜〜〜自宅 (PM0:00〜PM7:00)

tozandou
山陽道高架下の無料駐車場(ロープウェー利用者のみ)にpoloを停め、
登山口が判らず、出逢ったオジサンに登山道を聞く。
(注)当駐車場は午後5時門限です。
出発15:00書写山を右に見ながら水路を通り住宅街を右折れする。

tozandou 2
書写山看板に出会い、書写登山(東坂ルート)を始める。
登山道入り口には善意の杖が用意されております。
mamaは念のためお借りしました。
tozandou 2

tozandou 3
東坂ルートはゆるやかだが滑り易い岩場ルート
mimi

 岩影から覗くmimi
続きを読む >>
| mimi_chan | 23:50 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
暗峠越え(伊勢街道)
2008年10月20日 土曜日 晴れ

コース予定:枚岡ST〜暗峠〜南生駒〜小瀬〜追分〜富雄ST

hiraoka_jinjya
午前10時枚岡駅を降り枚岡神社に参拝後、
参道裏から国道308号にて暗峠へと向かう。

309-1

大阪側の登りは可也の急坂です。
10月中旬は名ばかり,大量の汗が吹き出る。

daiichi

全長3m余りの橋を渡る『第一・第二暗峠橋』
309-2

山道を登ってゆくと長閑な田畑が広がる。

309-3

やっとの思い出車1台が国道308を通り過ぎる。
道幅が極端に狭いですネ1

奈良と大阪を最短距離で結ばれているので
細いながらも通行量は意外と多い。
続きを読む >>
| mimi_chan | 21:11 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
琵琶湖〜竹生島
2008年9月28日 曇り
biwako

久々の西国33箇所霊場巡りです。
何時もの様に早朝より琵琶湖〜竹生島にでかけました。
勿論、mimiも一緒ですが・・・


南郷洗堰から石山経由で大津なぎさ公園にて小休止する。
ボールや楽器をもった家族連れや、BBQ道具を持ったオネイちゃま達が
ぞろぞろとご入場されて来ました。

遭遇
ワンコ入場OKとあり、私の仲間が仰山いてはりました。

私はこの大きなワンコはん一族に睨まれてビビリますた。
意地悪そうな飼い主様の所為で、もう借りてきたネコ状態なのです。
dogrun

天敵がおらへんなったので私はこの広い空間にて久々のドッグランを
体験しました。琵琶湖はめっちゃ大きな池でした。
気持ちエエワ〜

失礼

でものはれものところかまわず・・・どなたも失礼しますぅ〜。

船着場

ココが竹生島行き(琵琶湖汽船)の今津港です。
残念ながら国宝だらけの竹生島へはゆけまへんので
ココの駐車場にてしばらくの間、留守番の羽目になりにけり!
続きを読む >>
| mimi_chan | 22:13 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
香り高い!
2008年5月末日 雨〜曇り

gps

関西出張で連泊中のbakabonの運転にて、
GPSとデジカメの軌跡・位置情報を確認のためOSAKAに行く。


kanjyouesen

明日から原油高の煽りを食って
またまた値上がりすると言うガソリン高の影響か
阪神高はスイスイです。


続きを読む >>
| mimi_chan | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
多武峰〜冬野〜栢森〜稲渕〜石舞台
2008年4月20日 晴れ
桜井ST(9:00)…談山神社〜冬野〜栢森〜稲渕〜石舞台…桜井ST(16:00)
またまた総勢6名の凸凹コンビ珍道中。登りは亀より遅いが下りはロケットより早い!(全行程13km)
毎週毎週ようやりますなぁ〜、お嫁さんももう限界のようですわ。

jyutan落下中の桜花弁の絨毯を踏みながら多武峰をから飛鳥の里へ向かうテクテクコースです。

dandan_jinjya  
L:十三重塔 R:参道 有料段山神社入山口を通り過ぎ西大門跡に向かう

hakuboa
談山神社を一望できる絶好のスポットが有ると言う地点にて! 
只今養生中の樹齢600年“薄墨桜”桜井市天然記念物とのことです。
背景は幽かに見える御破裂山(607m)

nyoninkinsei

西大門跡から女人禁制の碑を過ぎ、ゆるい上り坂を登ると
冬野の名水がありました。ここで小休憩をして峠を越え
“亀山天皇皇子 良助親王墓”を右手に見ながら下ってゆくと
牛舎が左手に見えてくる。

fuyuno_sakura

牛舎脇の畑には今は盛りの見事な桜!が鎮座してます。
明日香村クリーンセンターを通り過ぎ三叉路を左にとる。

kanban

林道を栢森方面へと下ってゆくと分岐路に“『男渕』まで300m”の看板が目に留まる。
林道を澤伝いに行く 此処かと思われるところで渕に下りるが・・・。。
どれか判らず取敢えず引き返す。(体力が消耗しただけ無駄であった)
分れ道まで戻り下って行くと“女渕”の看板が道から離れた遠い処に見える。
望遠鏡にて看板を確認するが足腰が弱っていたのと食事前なので、この際
見た事にしよう。

続きを読む >>
| mimi_chan | 21:50 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
観桜
2008年4月6日(日曜日)PM4:08〜

御所市(葛城川)に桜見物にゆきました。
同行者:おばあはん&mama&papa
留守番:mimi

今年の桜は、高田川より葛城川に軍配が上がった様です。
gose katsuragigawa


↑は市制50周年のお祭りの後の葛城川の桜並木です。
人通りは高田に負けますが、桜の質は此方が勝ります。



続きを読む >>
| mimi_chan | 19:47 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode