スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
室生古道
2007年11月25日(SUN)晴れ

榛原駅…高井バス停〜仏隆寺・白岩神社〜唐戸峠〜カラト池〜腰折地蔵〜
山の上のモニュメント〜室生寺・・・室生口大野駅
1000nen sakura総勢十数人余りで高井から仏隆寺を目指すが、体力の差で長い隊列になりました。仏隆寺の名物と言えばこの千年桜を横目に見て階段を駆け上がる。


akabane ookaede仏時隆寺のもう一つの名物である赤埴の大カエデの脇からながぁ〜い山道に入り室生に向かう(室生古道)。



touge唐戸峠からは視界が開け榛原の山並みを眺める。


ike人通りの無いカラト池の畔は静まり返っています(不気味な静けさ!)。





monyument


腰折地蔵から『山の上のモニュメント』と称する室生山上公園にて予定通り昼食休憩する。

ダニ・カラヴァン作の芸術の森はいつの間にか有料となっていた。
芸術と言うより今後の維持費が心配される・・・・。

murouji流石に紅葉と言えば“室生寺”ですね、
行楽客でごった返す境内にて記念撮影をし、奥の院へむかう。

okunoin生まれて初めて奥の院へ向かう訳だが、この石段は榛原からの旅を続けてきた者にとって足にきます。

ranpu門前のお店の軒先でみかけた鋳物製のランプ

meibutu名物の『草餅』を購入して帰ったが、mamaも石切さん詣で『草餅』が重なる こうなったら食べ比べるしかありませんね。
判定は石切の(都会)勝ち! 室生寺の方は昔ながらの伝統の味と言う感じがします。
その代わりと言ってはなんですが、店先のモミジ風の造モミジが綺麗でよかった。

| mimi_chan | 20:03 | comments(4) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:03 | - | - | pookmark |
Comment
かなりの距離のハイキング&登山でしたね。
奥の院まで行かれたのはしんどいこと。
もう二度と「よういかん」体力だと思い知ったものです。
今度石楠花の頃には、塔のところから引き返すつもりでいます。

おつかれさまでした。
若い人は元気だなぁと思います。
Posted by: anikobe |at: 2007/11/30 8:41 PM
当日は良い天気でよかったですね。

室生寺の奥の院に家族で行ったことあります。
値打ちありますよね。

奥の院に到着して、奥の院の値打ちを感じました。
Posted by: タダカン |at: 2007/12/03 11:00 AM
anikobeさん

更新が遅れております。
今週もまた東京に出かけます。

さて、宇陀古道ですが
石ころの多い難所の路ですが
峠まで登れば気持ちもスカッと
します。

室生の路は楽しいことばかり

Posted by: mimi-papa |at: 2007/12/06 7:52 PM
tadaさん

ご無沙汰しております。
12月ともなれば
あれこれと行事が犇いて
おります。

奥の院は値打ちがありました。
あの石段の連続も業と思えば
・・・ですね

それにしても大勢の人に驚きました。
Posted by: mimi-papa |at: 2007/12/06 7:56 PM








Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode