スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
山辺の道(南コース) ・・その2
2008年11月16日 雨のち曇り


JUGEMテーマ:地域/ローカル


ハイク仲間20数名と共に“山辺の道ハイク(南)”をしました。
コース概要:桜井ST〜金屋〜平等寺〜大神神社(酒祭り)
桧原神社〜相撲・大兵主神社〜長岳寺(昼食)
天理観光農園(餅つき)〜石上神宮〜天理ST

1 tsubaichi

日本最古の市場跡“海石榴市(つばいち)”
大和川の上流 初瀬川河川敷にあったそうです。


2bukkyoudenrai

対岸には“仏教伝来の地の碑”があります。
大和川を利用して大陸から伝来してきたとか?

3 byoudouji

聖徳太子が開祖?と言われるが三輪さんの歴史書では・・。
住職手作りの作“平等寺の赤門”より境内に入ると
右手に二重の塔があります。

4miwamyoujin

今日の行事の大本命は三輪さんのお酒祭り!
三輪はお酒の神様です。
全国通津浦々の酒蔵から菰樽がお供えされております。
振る舞い酒と言う触れ込みで雨にも負けずにお参りに・・。
幾らでもぞうど・・のお神酒を期待しておりました。

5sake


主催者様が念入りに確認のところ行事は昨日で終わりましたとのこと。。
降りしきる雨のなか、最大の楽しみが音を立てて崩れ去る!

・・・あぁ残念・・・無念・。。。。。

6saijinjya
気を取り直して“狭井神社”にお参りし、振る舞いの変わりに薬水を頂く。

7hibarajinjya

狭井神社参道をしばし戻り茶店手前を右手に取ると暫くして下りになる。
右手に玄賓庵を通り過ぎ北進するとやがて“檜原神社”が見えて来ます。
手前の木立で見えないけれど、三つの鳥居が見えます。(社殿はありません)
見たかったら後日、自分の目で確認くださいませ


注連縄

檜原神社の大きな注連縄越しから我が“二上山”が霞んで見えます。
何時もながら此処からの眺めは最高!

8mikan

『山辺の道のミカン狩り』 何処でも発祥の地があるもの
“ミカン”の発祥の地だとか?信用しとこ。
9sumoujinjya
山辺の道 穴師に入り、右への山道を行くと巻向遺跡のたて看板がある。
道也に山道を登ってゆくと右手にあの知っている人ぞ知る“相撲神社”があります。
鄙びた境内に入ると↓土俵があります。

10dohyouiri
昔は横綱が奉納相撲に訪れたとのことだが・・・
わが国の本質を知らぬ外国人が横綱の国技も地に落ちたものです。
飽食・贅沢が悪すぎるのか? 何も無い頃が良かった!

11hyouzujinjya

相撲神社の小さな本殿?にお参りし、
山道を登ってゆくと古式豊かな“大兵主神社”があります。
残念なのはお参りするする人が余りにも少ないこと。
境内の楓の見事な古木。間も無くの紅葉が身頃でしょうネ

12ryuuouzan

2年前に長岳寺から登った“龍王山”が聳えます。
 結構、魅力的なお山でございます。

13tyougakuji

午後1時も回り、余りにも空腹で境内の見物も疎かに
“長岳寺 鐘楼門”(重要文化財)を潜り庫裏(重要文化財)に急ぐ

14nyuumen

此処の名物は ↑
『にゅうめんと柿の葉寿司』のセットメニューであります。
食後は本殿にて住職より“大地獄絵”の説明を受ける。
中々の話術でお土産に早速冊子を購入するはめになる。

15hajyoujinjya

犬歯、臼歯風の石が立っている“歯定神社”PM3:00
右に大和神社御旅所がありますが、写真に乗せてません。
続けて山辺の道を北進し、墓地を抜け只管天理へと急ぐ。

awa

もう一つのイベントであります。
餅つき会場の観光農園に到着し貸切『粟の餅つき』体験をする。
此方はひたすら見る食すのみ。


17niwatori

山道を行くと泣き声がしてきます。↑お迎えの鶏



18isonokamijinguu

予定通り午後5時に“石上神宮”に到着しました。
『秋の日は釣瓶落とし』急に廻りが暗くなってきました。
天理教本殿を通り天理駅に向かう。
反省会場前にて皆様とお別れしまして
例の如く、只管只管“反省”いたしました。。。。。

| mimi_chan | 23:25 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:25 | - | - | pookmark |
Comment
南山之辺の道。
いった場所は懐かしく、知らなかったなぁと思うところには深い興味が湧き楽しみながら拝見しました。
地獄絵のお説法なかなか面白いですね。
現代の時代風刺も交えて、納得しながら耳を傾けていました。
Posted by: anikobe |at: 2008/11/28 8:57 PM
コンバンハ、
ご無沙汰です。

山辺の道、この一週間後に
奥様連中もハイキングしました。

奈良に住みながら初めてと
言う人が多いのと
また来て見たい、
こんなに良いところとは・・

100%の人が絶賛だった
と言ってます。

本当に良いところですね


Posted by: mimi-papa |at: 2008/11/29 7:51 PM








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode