スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
曽爾高原(亀山)探索
2007年5月12日(土曜日) 快晴

sonikougen
新緑まぶしい初夏、宇陀の山を越え
秋には全山が黄金の絨毯になるという
ススキの曽爾高原にドライブしました。

私共は無料がエエとゆうて
決して道端に停めたりはいたしません。
大駐車場には数台の車が肩を並べてヒッソリ・・。
(600円/台)

そのあと駐車場の管理のオバちゃんに
軽自動車だから500円にマケテクレ〜と
三重県ナンバーの4人連れのお爺さん達、
見苦しいですよ!
“ワラビ採れるかぁ〜”“採れてまっせ”

場内には『公園内にて植物の採取を禁止します』の
たて看板がありますのに・・・・・・。

kanban春に不似合いの何故か秋の枯れススキ 火の用心の看板も無いよりもましか    by消防署
同行者:mimi、papa&mama


mimi1

お亀池を通り緑眩しい高原内を探索する。
秋のススキも良いけれどこの季節も捨て難い。
人疎らの為、mimiには快適のお山です。

微風があって高度(750m)がそれなりにあっても
快晴の曽爾高原はハゲヤマのため結構暑い。

亀山(標高849m)への登山道は整備されているが、
この道から外れるとススキの切り株が鋭利で
mimiには難所のようだ。


みみ

kabuto/yoroi
兜岳、鎧岳の麓まで車で降りてゆくが
次はこのお山の挑戦もしたいものだ。
| mimi_chan | 21:41 | comments(4) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 21:41 | - | - | pookmark |
Comment
うわぁ!
初夏の曽爾高原は素晴らしいですね。
ススキの時、山焼きの後、初冬の寒々とした高原は、行っていますが、緑に包まれた今に季節は知らなかったので、感激です。
心まで広々としてくるようです。
Posted by: anikobe |at: 2007/05/13 10:26 AM
吸い込まれるようなキラキラ
綺麗な緑ですね(^O^)
写真を見ながら深呼吸です♪

消防署の看板も季節はずれですが
手作りでなるべく無粋にならないように
しようという配慮がうかがえますね(^^)

ミミちゃん、たくさんの名所に
連れて行ってもらって幸せ者だなぁ(^-^)
Posted by: kanon |at: 2007/05/13 11:02 AM
anikobeさん

この時期の新緑に映える高原は最高です。
何よりも心が休まりますし、気力も回復し
本来の人間力を取り戻せるようです。

自然が良いですね!
Posted by: mimi-papa |at: 2007/05/13 8:24 PM
kanonさん。

自然溢れる山の良さは
体験して増幅されます。

mimiは小さい時から
山行きに連れて行って
お山が庭のように思える
のかもしれません。
Posted by: mimi-papa |at: 2007/05/13 8:36 PM








Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode